2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 電話機の子機 修理 | トップページ | 追跡AtoZキャップ 鎌田靖 さんに電車内で »

2011年3月15日 (火)

関東大震災 母親一家

 関東大震災は 1923年(大正12年)9月1日(土曜日)午前11時58分32秒 に発生しました。
その時、私の母は13歳(1910年 明治43年生まれ)でした。

A

                  話を分かり易くするためにイニシャルをつけます。

 私の母Kの実家Aは兄弟姉妹8(?)人と両親で神奈川県横須賀市浦賀に2階建ての家に居住していました。
そこで、あの関東大震災の遭遇しました。当地浦賀は震度は 7 でした

 地震直後一番下の妹がいません、母Kの母親Eは
母親E 「道子どこにいるの~」
妹   「二階にいます」

 それは、地震で倒壊した がれきの中からの声でした。
急いで、がれきの中から助け出されて、母Kの実家Aは、一人も怪我無く全員無事でした。

 地震に遭った家は、誰か一人以上災難で亡くなる人が有るのが殆どでした。
近所の人々は実家Aは 信心深いがらだと もっぱらの評判でした。

 それは、母Kの母親E は まだ暗いうちから毎日近くの神社にお参りに出掛けました。
その時に、大勢の兄弟姉妹いる中から何故か母Kに声を掛けて
母親E 「一緒に行くかい」
母K  「はい」

 外に出ると出口に、どこの犬だか分からない 犬が待っていました。
母親E 母K 犬 一緒に神社にお参りに行きました。
家に帰って来たら犬はいつの間にか居なくなっておりました。
翌日も出掛ける時は外でその犬は待っておりました。
 
 以上 生前私の母Kの話ですが 全員無事 犬のことを不思議だと云っておりました。

 ◎先祖供養が行き届いて、先祖が守ってくれた と私も思います。

★追記 本記事は、3/9頃完了して3/15日時指定記載でしたが 奇しくも3/11に東日本大地震が起きて 偶然か何か 不思議を感じます。

« 電話機の子機 修理 | トップページ | 追跡AtoZキャップ 鎌田靖 さんに電車内で »

《不思議》」カテゴリの記事

《先祖供養》」カテゴリの記事

コメント

不思議なタイミングですね。
虫の知らせのようなものでしょうか。

コメントありがとうございます。

内容も不思議ですが、
記載日時のもタイミングも不思議ですね。

虫の知らせはナッカッタようですが、流れでこうなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562409/51068798

この記事へのトラックバック一覧です: 関東大震災 母親一家:

« 電話機の子機 修理 | トップページ | 追跡AtoZキャップ 鎌田靖 さんに電車内で »