2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 園田真次郎先生 残りの全写真 | トップページ | お経卷読誦 »

2011年6月20日 (月)

ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番」 第一楽章

 テレビ朝日 「題名のない音楽会」 2011/06/19 午前 9:00~9:30 放送で 辻伸行さんと東京フィルハーモニー交響楽団 指揮佐渡裕さん演奏の ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番」を 視聴をして、大変感銘をうけました。

 いつもパソコンを操作しながら、この時間のながらTV視聴は、テレビ朝日 「題名のない音楽会」を数週間前から見ています。

 最初は 辻伸行作曲「神様のカルテ=エンディング」編曲:松谷卓
でしたが、昨年コンテストで優勝して 大変話題になった ピアニスト 辻伸行さんの演奏はよく見受けますが、作曲した曲を演奏して、作曲もやるとは・・・ で聞き入りました。

 次に ラフマニノフのピアノ協奏曲第2 第一楽章の 演奏で、ながらパソコン操作を中止して鳥肌が立ち聞き入ってしまいました。

 それは、私の所有CD アシュケナージの ラフマニノフのピアノ協奏曲 2番を思い出しました。

Img_4865_2 Img_4865

   (Ⅱ) 代目 iPodnano 16G 現役 ↓下記 
               http://homes83.cocolog-nifty.com/blog/cat22191492/index.html
 ウォーキングで、814曲をシャフルモードで聞いていますが ラフマニノフのこの曲は数週間に一回の割合で楽章がバラバラ出てくるので いまいちですが、辻伸行さんの演奏と佐渡裕さん指揮の雄姿で感銘を受けました。

 私の妹がピアノの先生をしている関係からピアノの音を聞きながらが育ったので、ピアノ曲が好きになり、最初に好きになったのは、ベートーベンの「月光」「熱情」を夢中になって聞きました。そして次にラフマニノフのピアノ協奏曲に夢中が移りました。

 ラフマニノフは、最初に購入したレコード(これもアシュケナージ演奏)の解説にピアノ協奏曲第1番は大変不評で精神的に悩み、どなたかの進言で立ち直り 第2番が有名になったを思い出しました。
 最近、アシュケナージさんは指揮者としてNHK2チャンネル日曜21:00のクラッシク放送番組でNHK交響楽団の指揮をされていました。
 音の強弱が激しくテンポの速度変化が大きい「月光」「熱情」が好きですが この曲は違ったおもむきがあり大好きです。 

 最後は 辻井伸行作曲「風の家」編曲:服部隆之 は、ブログ記載作成を思い立ち夢中になり耳に入りませんでした。

  ◎あまりにもの感動で急きょブログ記載予定を変更して本記事を記載しました。

« 園田真次郎先生 残りの全写真 | トップページ | お経卷読誦 »

【音楽】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562409/51988774

この記事へのトラックバック一覧です: ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番」 第一楽章:

« 園田真次郎先生 残りの全写真 | トップページ | お経卷読誦 »