2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 阪神・淡路大震災で、先祖供養本部建物無事 | トップページ | ラットで実験! 命の重さ(g) »

2011年7月20日 (水)

新発売パナソニック 「ステレオインサイドホン」入手

 iPodnano 16Gのイヤホーンが不良になり新製品を購入交換しました。

 私のブログ  「(Ⅱ) 代目 iPodnano 16G 現役」 (↓下記)
            http://homes83.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-473b.html
 で使用している付属のイヤーホーンが最近 右側出力が小さくなりコードの付け根を押し込むと正常になる故障でなんとか聞いておりました。

 イヤホーン修理を考えておりましたが、ネットで新発売のパナソニック RP-HJE180ステレオインサイドホン(写真ⓐⓑ)を入手交換しました。
  ◇主な仕様
型式:密閉形ダイナッミック・ステレオインサイドホン 
再生周波数帯:6~25000Hz →この低音特性でこの製品に決めました。
Photo_2 Photo  

 今までのイヤーホーンは耳の穴が密閉するようにして聞いていました。こうすると、音が漏れず音量小ですむので電池が長持ち 音漏れなく回りの人に迷惑かけない。そうして低音がよくなる。

 ですが、耳の穴密閉する装着は本体 コードがかなり露出し強風時はコードに当たる風圧で かなりのノイズとなり小さな音ありの交響曲等は全くNGです。(>_<)

 
 私は今までイヤーホーンを何個も購入してますが 今回初めての密閉形で耳の穴に装着するのに色々悩みましたが、最終的にうまく出来るようになりました。

 以前のものよりも低音特性がグーで、低音が大好きな私にとっては大変うれしい。(*^_^*)。

 特に、曲中 「鬼太鼓座」の 大太鼓の低音が一層鮮明になりました。(^^)/

 ◎強風時このイヤーホーンは耳の外にコード露出少なくウォーキング中 風圧ノイズが無くなり快適になった。(^_^)v

« 阪神・淡路大震災で、先祖供養本部建物無事 | トップページ | ラットで実験! 命の重さ(g) »

【音楽】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562409/52239342

この記事へのトラックバック一覧です: 新発売パナソニック 「ステレオインサイドホン」入手:

« 阪神・淡路大震災で、先祖供養本部建物無事 | トップページ | ラットで実験! 命の重さ(g) »