2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« iPodnano充電用電池BOX | トップページ | キッチンタイマー修理 »

2011年8月25日 (木)

園田真次郎先生講述 気學衛生法

亡き母親が所有していた、園田真次郎先生から入手したガリ版刷り本で疑問が解消出来ました。

昭和23年4月5日発行
著作者 園田真次郎
発行所 東京都杉並区上荻窪2-60
大正館出版部

A Photo_2 Photo

          ↑ マウス左クリックで 拡大します ↑

 この本の中の一部に
本来人間は一般の動植物と同じく野外に寝起きすることが最も自然であり、健康長寿の最良の方法であり原始人は皆そうであった、所が段々洞窟から家を建築するようになり、家の中に住むことが永年の習慣となったので、今俄に野外生活をすることも出来なくなっているが、少くとも空気だけは家の中に居ても野外に居ると同じ状態でなければならぬのである。家の中に居ながら外の空気を吸うて居なければならぬのである。」
と書かれておりますが、

 今年で家を建て替えてから13年目になりますが、現在まで大きな災難はありません。
どうしてなのか今まで多くの気学の事例を承知していますので大変疑問に思っておりました。
そして、この本を読んで気がつきました。

 それは、私の息子が建て替え当初から台所の備え付け換気扇を換気のため365日殆ど24時間回しているので、真冬でも結露が発生しません。その代わり冬は寒い事あり。
又、二階は坤の引き戸の対中にある艮のトイレの扉と窓を開け風通しを良くしています。
他の部屋も換気を十分しております。

 「少くとも空気だけは家の中に居ても野外に居ると同じ状態でなければならぬのである。家の中に居ながら外の空気を吸うて居なければならぬのである
の条件に当てはまり屋内の空気は野外で寝起きすると同じ状態で、従って家相の吉凶は関係無くなると思いました。

◇この本の中で天相式家相(★3)は空気抜きで窓を切ったら必ずその対中に同じような窓を作らなければ空気は完全に抜けるものではない。と書いてありこれらが生かされています。
 ★3園田真次郎先生が考案された理想的良相の家

 ◎この本によって建て替え後13年の間大きな災害が無いことに納得出来ます。

« iPodnano充電用電池BOX | トップページ | キッチンタイマー修理 »

《気学》」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562409/52539684

この記事へのトラックバック一覧です: 園田真次郎先生講述 気學衛生法:

« iPodnano充電用電池BOX | トップページ | キッチンタイマー修理 »