2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 房州伊勢の宮 天津神明宮のお水取り | トップページ | 八丈島 4、5 回目のお水取り »

2016年2月29日 (月)

平成27年度非常通信訓練

今年も 横須賀市アマチュア無線局の非常通信訓練に参加しました。

Fig1Fig2Fig3

◆開催日  平成28年2月7日(日曜日)

◆行政内部の非常通信訓練   09:00~11:00
   ・横須賀市役所屋上R2 階 ←→ 各行政センター逸見、大津、久里浜 間の
   ・パケット通信の非常通信訓練実施

◆協力局と基地局の非常通信訓練  11:00~12:00
   ・JH1YKF(横須賀市役所アマチュア無線クラブ局) →→ 協力局 横須賀市内のアマチュア無線局会員
  ・基地局から訓練用電文を送信して協力局が受信専用紙に記入して総会会場に提出
   ・基地局 ←→ 協力局 間の RSレポート(相互感度)交換を実施     

◆災害時の防災に関する講演および総会  13:30~16:30
   ・会場 横須賀市総合福祉会館 5階ホール (Fig1)(Fig2)
   ・横須賀市長あいさつ 吉田雄人 (Fig3)
    お忙しいようで少し遅刻して15分位で帰られました。
   ・平成27年度総会 活動報告
   ・防災に関する講演
   ・講義 新スプリアス基準と地デジ以降の電波障害 講師 片倉

◆横須賀市アマチュア無線非常通信連絡実行協議会の設立
 1970年(昭和45年) 当時、横須賀市では本庁と各支所との連絡は電話回線のみで、非常災害時は電話回線が不能になる状況でした。
 当時の横須賀市 長野市長は災害時の通信体制の擁立を計るべく、市内のアマチュア無線局 JARL横須賀クラブに要請、それを受けて協議され 現在の協議会が設立され今年で46年になります。

◆スプリアス規格の改正
・講師 片倉さんの講義 新スプリアス基準と地デジ以降の電波障害 をネットで詳しく調べたら

※総務省は2005(平成17)年12月に無線設備規則にある「スプリアス規格」の改正を行った。この改正前に製造された無線機器は、2017(平成29)年11月30日までに免許を受けた場合は2022(平成34)年11月30日まで使用できるが、2017(平成29)年12月1日以降は旧スプリアス規格のままでの開局や増設、変更ができなくなり、改正後のスプリアス規格に準拠させる必要がある。これがいわゆる「旧スプリアス機問題」と呼ばれるものである。

とのことで私の無線局免許は 平成30年8月3日 迄で 新スプリアス基準に合格しないと 免許更新は出来ない。(>_<)

◆所有の無線機
・講師 片倉さんの講義 で翌日に無線機スプリアス実態調査のJARDでメッセージがあるとのことでHPで確認のみ しました。
・もろもろのやぼようで遅くなり 月末にHPを見たら私の所有 無線機4台の3台はかなり古く使用は不可と思います。
・残る1台は、日本アマチュア無線振興協会(JARD)がスプリアス規格検査を実施受付募集は終了しました。
・あと2年余の間に、新しい無線機を購入するか 廃局するか 真剣に検討し結論を出さなければ・・・(^_^;)

 何回か参加しましたが、今回初めて横須賀市長 吉田雄人さんの写真を撮影記載出来ました。(^^)/ 

« 房州伊勢の宮 天津神明宮のお水取り | トップページ | 八丈島 4、5 回目のお水取り »

【アマチュア無線】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562409/63276979

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年度非常通信訓練:

« 房州伊勢の宮 天津神明宮のお水取り | トップページ | 八丈島 4、5 回目のお水取り »