2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

先祖供養会の役目経巻

先祖供養会では世の中の凶を吉するために毎月役目経巻が発表されます。
私は 1ヶ月に6回読誦する表を、Accessで作成しました。 ( Fig1 )

                       Fig1

◆役目経巻
・毎月14から15巻のお経が発表されます。
・役目経巻は 全巻読誦すると約10時間(内容によってもっとかかることも)かかります。

◆私の役目経巻読誦
・身近の人病気回復の為に16.23.25番を 毎日役目経巻に+してます。
・先祖供養会で頂いた法名(戒名)  が現在152名ありますが、命日の日は+行法経(30分)してます。
・早朝の読誦が日課になって前日は早めに就寝しています。(早起き出来ないので)

◆スタート
・役目経巻を読誦始めたのは 2001/01からで今年で15年になります。
・本日のお経巻読誦は1時間50分でした.。

◆Accessで作成
・役目経巻を5つに分けて(1~5日) ( Fig1 )の5つに分ける
・日の表示は=[日]+0  =[日]+5   ・・・   =[日]+25 ( Fig1 )の日

◆プログラム修正
・大阪から移住して来た人が平成27年5月から使って頂きました。
・今まで私だけの使用でしたので不具合があっても暫定修正で目をつぶっていました
・でも以後他の人が使うのでしっかりとプログラムを手直しするようになりました。

 今まで誰も使用なしで他の人が使って頂けるので 大変はげみになり うれしさ一杯です。

2016年3月20日 (日)

Panasonicコードレス電話VE-GD53DW

サンヨーTEL-EW7 ( Fig1 ) を  2005/01/11 購入使い始め11年間使用しましたが子機不良が頻繁に起こり
Panasonicコードレス電話VE-GD53DW-W 子機2台 ( Fig2 ) を入手使用始めました。

         Fig1_3 Fig2


◆優越感
・平成21年3月30日99歳で霊界に帰った母親 ( 私のブログ 方替えで_持病完治 ) を私の家から道路を挟んだ
 弟の2階に2年間寝たきりの母親を2.5人で介護していました。
・当時は女房が会社通勤で自宅は私1人でしたので、私の担当日はそこにコードレス電話子機を設置していました。
・私の自宅に訪問者が門柱のべルSW ( Fig2 の右上写真 ) を押すと弟の2階にある子機が鳴り
 「少しお待ち下さい」 を通話して2階から降りて道路から訪問者に 「こんにちは」  と声を掛けると
 自宅玄関からではなくて 後方道路からの声に ビックリ した動作に、優越感を何度も感じました。

◆新品に入れ替え
私のブログ 子機通話不可の修理  の原因アンテナコネクターに直接半田付けで再発はありませんでしたが、
 私のブログ 子機通話不可の修理_つづき  のフレシキブル基盤を清掃しても最近はランダムに不良になり
 受け側のソケット不良のようです。 
・新品を導入しようと機種を調べたら、コードレス電話の発売は、3社位に縮小してしまい
 殆どがテレビドアホン方式で、インターフォーン音声のみ方式はなかなか見つからず、探すのに何ヶ月も掛かりました。
・ある機種が見つかり、直接メーカーに問い合わせてヤットPanasonic機種に決定購入して設置設定しました。

◆改良点
・以前の サンヨーTEL-EW7電話機 ( Fig1 ) は子機同士の同時通話は出来ず操作が複雑で殆ど使用しませんでした。
→→今回の PanasoniVE-GD53DW電話機 ( Fig2 ) は 子機同士通の同時通話が簡単操作で出来るようになりました。

・以前の 電話機 ( Fig1 ) は 大阪在住の息子との通話で子機使用は音質音量が悪いので少しは良い
 コード付きの親機で通話してました。
→→今回の 電話機 ( Fig2 ) は親機もコードレスで、計子機3台共音質音量は 息子が大変良くなったと言ってました。

・以前の 電話機 ( Fig1 ) は受信の音量最大(大)にしても音声小さく困っていました。
→→今回の 電話機 ( Fig2 ) は受信音量は8段階に調整が可能で5~6位でOKになりました。

・以前の 電話機 ( Fig1 ) の子機充電は接触式で充電ランプが点灯せず接触部分を何度も修理しました。
→→今回の 電話機 ( Fig2 ) の子機充電は非接触式となり修理不要の安心となりました。

 以前の電話機とかなり仕様が相違するので、じっくり読み込んで使いたいと思います。

2016年3月10日 (木)

八丈島 4、5 回目のお水取り

南方位 八丈島に平成28年2月16日、25日 に お水取りにでかけました。

◆年月日 他
・月日    平成28年2月16日、25日 の2回
・時間    午後 1時~3時
・九星中宮  二黒 年月日時間 4同会 ( Fig0 )
・方位    南 六白
・場所    八丈島 横嶺山薬師堂 東京都八丈町大賀郷1319 ( Fig1 )

Fig0Fig1

Fig2_2Fig3_3

◆南方位九星吉方位 ( Fig0 )
・今年は、2月と11月の2回の年月同会が有りますが
 私のブログ 南と西方位のお水取りの効果 で大きな利益を得たので遠方の
 八丈島に2月の3回の同会にお水取りを計画しました。
 が、1回目は外せない用事で断念で 2回目 3回目の同会日に出掛けました。

◆移動手段
・お水取り日の前日は一白中宮で南は五黄殺そして 同会翌日は三碧中宮
 で、南は七赤的殺(北に私の八白)です。
・民宿に泊まり料金の安い東海汽船で往復と思いましたが上の状況で中止。
・仕方なく、飛行機でとんぽ帰りの往復になりました。

◆お堂の内部 ( Fig2 )
・お堂の中に初めて入り写真撮影しましたが、八丈島の名水 生水としての飲用
 には適しません。煮沸などしてご使用下さい の注意がありました。
・多くのお水取りと地元の人が飲用していますので大丈夫です。
私のブログ 泥混じり 水飲んだ(^_^;) でどんなお水を飲んでも心配はしてません。

◆わき水 ( Fig3 )
・写真のようにパイプ左の端に蛇口があり、途中2カ所からわき水が出ていますが、
 お水を頂くとき穴から出ている2カ所の穴に ひしゃくの斜め上に有る竹の棒で
 栓をして、蛇口から容器に入れます。水量は持参の2Lジャーに1~2分
 で満杯と思いました。

◆ほどこし 歩き
お水取りの宗家 知久利雄先生は、お水取りは ほどこし 歩く をしなければ
 効果が少ないの教えを実施。
・ほどこしは、三鷹の先祖供養会の建物を耐震強化工事に 
 私のブログ 伊那下神社にお水取り  の分と今回の分を加えて
 ¥10,000 を寄付しました。
・歩きは、八丈島空港~薬師堂まで往復約1時間強(2日間) 歩きました。   

◆お水取りの人
16日
、お水取りの人は地元の人が何人が訪れているので判別が難しく
 9人位と思います。
・私が到着したら一人の若い女性が、駐車中の車から降りてきて、お水取りの事を
 問いかけて来て熱心にお話を 聞いてくれました。
私のブログ 上総一宮 玉前神社でお水取り女性と意気投合 のお水取り以来の
 長時間の充実した会話で大変にうれしかったです。
・お水取りのお話の続きをメールでしませんか。お待ちしています。

25日は、多い人でしたがやはり地元の人もおり15人位と思います。
・訪れた人に、お水取りの訪問か お尋ねして私のブログアドレスと検索方法の
 名刺をお渡ししてアクセスをお願いしました。
・上記の玉前神社の女性以来2人目の気学に詳しい埼玉県の若い男性とお話出来ました。
 風水をやっていて独学で気学を勉強されたそうです。
・メールで気学のお話を・・・どうぞよろしくお願い致します。

 ◎今年2回目11月の年月同会は私の吉方位 東、北、南の3方位を何処にするか検討します。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »