2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

天津神明宮のお水取り 2017/9

昨年につづき今年も巽方位でお水取りに出掛けました。

◆年月日 他
・月日    平成29年9月12日、21日
・時間    午前 3時~5時
・九星中宮  一白 年月日時間 4同会 (Fig 1)
・方位    巽 九紫
・場所    房州伊勢の宮 天津神明宮 (Fig 2)

         Fig1 Fig2


◆移動方法
・昨年は同会時間が午前10でしたので電車バスで出掛けました。
・どうしても同会時間に合わせたいので、電車は無理でレンタカーで前日車中泊に決めました。

◆9月12日
・12日1回目同会日は、午前4時前後は真っ暗ですが 約10人(2人同伴あり)確認。
・お水取りの場所は1回目は裸電球が点灯セットされていました。
・今回は気学を30年も勉強されている女性60代N(?)さん と気学のお話がはずみました。
その中で次回9月21日はお子さんと一緒に他の場所に行かれるとのこと。
・お別れした後気がつきましたが、お水取りの創始者 知久利雄先生は
1ヶ月の中で他方位の場所にお水取りは 太極が弱くなるので、NGと教わりました。
・このようなお話出来る人は身の回りに皆無です。出来ればN(?)さんお話しませんか ご連絡をお待ち致します。

◆9月21日
・2日目は辛亥で巽は日破となり訪問者は1人と2組でした。
・2回目はお水取り場所の電灯消灯で、社務所も経験から訪問者はないと思い消灯と思います。

◆日破
・お水取りの創始者 知久利雄先生は、寝たきりの病人は中止する様に言われております。健康者は否定してません。
・昔母親が、方替え(月日の吉方に月日単位で夜だけ宿泊する)を何回も実行して持病が完治した。
・この事例 私のブログ 方替えで_持病完治  で暗剣 五黄殺 本命殺  の日でも連続して宿泊する ので連続性が大事。
・このことから、2回目が日破で有っても連続が効果が大きいと思い出掛けました。3回目9月30日も実施します。

◆象意
 ◇9月12日
・九紫の象意 
女性60代N(?)さん は美人で中年そして服装があでやか..。
 ◇9月21日
日破象意
2日目で持参のボールペン2本が一部分破損しました。
九紫の象意 数は2本 物品は筆記用具 壊れるは日破。

◆行き方
・私のブログ 伊那下神社にお水取り で自宅から西方位の所で帰路 西方位で五黄殺の象意があり。
・自宅から他の方位を経由して目的地に到着しても経由方位の象意が現れるを実感してます。
・アクアライン経由は北六白暗剣殺と東八白本命的殺を経由します。
・ので、自宅から巽以外の方位を経由しない久里浜港からフェリー利用にしました。

 20代の頃実家のクラウンで京都大阪見物に母子て車中泊しましたが、今回お水取りで車中泊は初めてでしたが、座席を倒した荷台 (Fig 2) は足が伸ばせて寝られ窮屈では有りませんでした。

2017年9月20日 (水)

私の最初乗務 トヨタ・5屯ボンネットトラック

写真が出てきたのでブログ記事にしました。

  Fig1 Fig2

・現在は写真の建物は全て変わっています。

◆エンジン
Fig1 の前掛け(商人が前にかける)は全面ラジエータが冷え過ぎ防止で付ける。
・当時はまだトラックは殆どヒーターが装備されてないのでエンジン冷やさず運転台の温度を暖めるため。
・早朝横浜まで行く途中長期間アクセル踏んで走行中 靴底を通して足が冷えて寒くなっていましたが、長靴に履き替えてみたが、相変わらず足裏が冷くなっていった。
・このトラックはガソリンエンジンですが、その後乗車のいすずトラックからはディーゼルエンジンになりました。

◆ブレーキ
・この車の頃からと思いますが、真空ブレーキ利用となる。
・真空ブレーキの効き方が以前の油圧式ブレーキと比較して抜群に良くなった。
・納入時父親と私と妹と試運転に出掛けましたが、真空ブレーキの効き方が良すぎて全員前のめりになった記憶があります。
・前の油圧式ブレーキよりは抜群の効き目になったが、5トン満載積載すると空車と比べるとなかなか止まらない。
・私の最後乗車 日野キャブオーバー・エァブレーキ積載8トンになりましたが、真空ブレーキより効き目が大きいのに驚きました。
・ブレーキを踏んで離すときエァー放出のシュー音とエァークラクションの長引く音色に陶酔していた自分がおりました。

◆ウインカー
・写真を改めて見てウインカーがタイヤハウスの上に有るのは 古さを感じます。
・前の外国製ダッジ大型トラックには、ウインカーをアポロ(又は方向指示器)でワイヤー利用してメカ的にランプ付きの幅3~4cm 長さ25cmのブラケットが左右側に2個垂直で隠れていて、曲がる方向側のアポロが垂直から水平状態に現れる。

◆ギァチェンジ
・この車以前はダブルクラッチでしたが、この車からシンクロされてシングルクラッチとなりました。
・でも下り坂道でエンジンブレーキ使用でギァをシフトダウンさせる時にはダブルクラッチを使いました。

◆仕様
・ネットで調べましたが、昭和31年(1956) FA5型ガソリントラック 発売  が見つかりました。
詳しい仕様書 には  足動ブレーキは、油圧内部拡張四輪制動 その後はディ--ゼルエンジンとあり。
・真空ブレーキの記憶は間違いないので途中から変更になったと思います。

 ◎写真を見て懐かしさがこみ上げて当時を思い出しましたが、それは52年前でした。

2017年9月10日 (日)

八白暗剣、五黄殺かかわり

・小学校1年生になった娘親子が夏休みを利用して8月16日~22日迄横須賀の実家を訪問。
・娘親子が 五黄殺八白暗剣 の訪問往復。
・訪問後、持ち帰り品を着日指定の 八白暗剣 に発送。


                        Fig1_2


◆娘親子の移動
 ◇行き
・守谷市自宅 → 旭区友人宅1泊     8月15日 二黒中宮   八白暗剣
・旭区 → 横須賀実家                    8月16日  一白中宮    巽九紫
 ◇帰り
・横須賀実家 → 目黒区親戚1泊    8月22日   四緑中宮    北九紫
・目黒区親戚 → 守谷市自宅          8月23日   三碧中宮  艮六白

◆上記の象意
・中村文聡先生の著書に、ある人と暗剣五黄殺(どちらか忘れました)方面へ旅行にゆくことになりました。
・三合方位の3箇所泊まりで最後に旅行先に泊まったので、暗剣五黄殺の象意は受けなっかった。
・この著書を探しましたが見つかりませんでした。
・以前から、ストレートの目的地に行かなければ象意は受けないと確信していました。
・横須賀実家に滞在が7日と多く 帰りもストレートに帰宅せず一泊したので、悪影響が殆ど少ないと思います。

◆荷物の移動 Fig1
・横須賀市 8月23日 発送 → 守谷市自宅 8月24日 二黒中宮 艮五黄殺    到着
・着日指定で 五黄殺 に到着を心配していました。

◆梱包
・荷物入り空白5%位の段ボール箱に洗濯済みを追加して入れるので全部出して0から詰め込んだ。
・要洗濯と済みを聞いてないので混在。

◆象意
・送り元の、八白は入れ物と変化、暗剣殺はトラブル
・送り先の、五黄殺は要洗濯の汚れ物 
・娘から荷物到着後洗濯ありナシ混在のクレーム電話ありました。

 中村文聡先生の三合移動の本はどうしても探します。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »