2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

【音楽】

2017年6月30日 (金)

私の  (Ⅰ) 初代 ソニー 8GBウォークマン

◆しかたなく
(Ⅱ) 代目 iPodnano 16G 現役  の電池交換に失敗して(放置中)購入。

◆主な仕様 Fig 2
・メーカー         SONY
・型名            NW-S14-WM 8GB
・放送            FMラジオ受信
・接続            Bluetooth
・ヘッドフォーン出力   20~20,000Hz


           Fig2

◆音質
・ 
(Ⅱ) 代目 iPodnano 16G 現役  の イコライザーは
Acustic  BassBooster  BsssRducer  Cissical ・・・ 21の名称で選択します。

・ソニーウォークマンの イコライザー は 0.4  1.0  2.5  6.3  16 KHz の周波数5帯域で +ーの6段階で詳細に調整出来ます。

・私は低音が好きなので低音最大にして聴いていますが、低音のイメージは8インチ以上のスピーカーでないと音は出ないと
思っている大昔の人間です。
・低音が8インチ以上のスピーカー出力に匹敵する音質は耳を疑います。低音に関しては大満足で酔いしびれております。

・イヤホーンの構造上簡単に装着出来て耳にフィットして低音がいっそう確実にでます。

◆アルバムシャッフル出来ず
・今まで使用の (Ⅱ) 代目 iPodnano 16G 現役  はアルバム単位のシャッフルは出来ましたが
今回のソニーウォークマンはアルバム単位のシャフルが出来ないことが分かりショックでした。(>_<)

・取扱い説明書を詳細に見ましたがアルバム単位のシャフルが見つからずHPで問い合わせて判明しました。

◆最後のカセットウォークマン Fig 1
・カセットウォークマンは何台も聴きつぶしましたが、最後の私のウォークマンです。

          Fig1  

_

 アルバムを最初から順番に聴いていますが、低音がすばらしいので大変楽しくウォーキングしています。

_

midi集を聞いて昔の 案山子 が思い出されました。

2013年11月30日 (土)

防衛大学吹奏楽部49回定期演奏会 2013

 今回で3回目の防衛大学吹奏楽定期演奏会に出かけ 見て聴いて楽しんできました。

◇日時 場所 他
 月日 2013/11/23 (土曜日)
 時間 開場14:30/開演15:00
 会場 横須賀芸術劇場 入場無料
 客席 1,800席/2,000人収容

◇プログラム
 ▽第1部                ▽第2部
 ・君が代                   ♪歌劇『カルメン』より
 ・陸軍分列行進曲         ・闘牛士          ・ アルカラの竜騎兵
 ・行進曲「軍艦」           ・第1幕への前奏曲   ・ 闘牛士の歌
 ・空の精鋭              ・アラゴネーゼ      ・ ハバネラ
 ・ワシントン ポスト          ・衛兵の交代       ・セギディーリャ
 ・主よ人の望みの喜びよ      ・間奏曲          ・ジプシーの踊り
 ・吹奏楽のための第一組曲

 ▽アンコール曲
 ・1)  花は咲く
 ・2)  碇を上げて
 ・3) カルメン

◇入場から着席まで
 ・自宅12:46 出発して31分のウォーキングで13:15 到着しました。
 ・当日は防大生2名の係員が私の順列後から折り返して私の横で、184名と会話あり 私の後からここまで約 20名有り先着人は ≒160名でした。
 ・そして70分待ちの14:25 に入場しました。
 ・最前列中心から2つ右寄りの席に座りましたが、開演までに6~7人 しかおらず並ぶ必要はなかった?

  Photo  Photo_2

A  Photo_3
                  ↑ マウス左クリックで 拡大します ↑

◇演奏
 ・第1部 吹奏楽にピッタリの行進曲で夢心地を十分に頼しませて頂きました。

 ・第2部 私は歌劇を敬遠でポビュラーの曲しが耳に入りませんが、吹奏楽でバイオリンのない演奏はいまいちを感じました。
 ・今回はブログ作成でICレコーダーに録音 後日試聴 第2部の曲で CDしか聞いてない私には ハーモニーのわずかな違和感が気になりました。
 ・私はいつも 外出の時はCD録音のiPodで音楽を楽しんでいますが、生の演奏はヘッドホーンで味わえない 原音そのままと クライマックスの最大音量を目的に感激を楽しみにしています。
 ・前回の第2部の ♪マーチング・ステージ は行進曲そのもので 何回も鳥肌感動をしましたが 残念ながら今回は 私の好みに合わず鳥肌感動は少なかったです。(^_^;)
 ・第2部は12曲と多く 演奏前に曲名の紹介がなく 演奏中は場内の照明が落とされプログラムの曲名を見ることが出来ず、演奏の曲名は不明で、アンケート用紙に2部の良かった曲は記入出来ませんでした。(>_<)

 ・アンコール1)花は咲く  → 防大生 伊藤さん指揮 で事前に用意されていたようです。
 ・アンコール2)碇を上げて → 山下伸介さん指揮 マーチのすばらしい演奏を楽しみました。
 ・アンコール3)カルメン    → 山下伸介さん指揮 「用意していません」 と云ってましたが練習していたのでしょうか、即演奏に入りました。
 ・アンコール演奏の前に山下伸介さんが 「4月から楽器を始めたばかりのこです」 を聞いて、大変 感動 感激しました。

◇指揮者
・山下伸介さんは昨年 ピアニスト·作曲家 ·編曲家宮川 泰さんのひょうきんで面白い人と 山下伸介さんは重なっていましたが 今回はパフォーマンスを発揮の場面は無く 最前席中央での指揮演奏をすくそこで、表情豊かな お顔 動作を拝見させて頂き 生前の宮川秦さんがよみがえってきました。

  Photo_4  Photo
 
                  ↑ マウス左クリックで 拡大します ↑

◇入場者
 ・第1部が終了後最前席がら後ろ見たら空席が20%ぐらいでした。
 ・2年前の最初に来場したときには全席埋まって立ち見の人あり、プログラムパンフレットが不足したようです。
 ・第2部の曲目がマーチではなくて、クラシック カルメン で 少しは影響?

 ◎いろいろと云いたいことを云いましたが、何って云ってもCD演奏しか聞いていない私にとって生演奏は 「すばらしい」 の一言につきます。

midiの気に入ったマーチ曲がみつからず、モーツアルトの軽快なトルコ行進曲をどうぞ !

2012年11月30日 (金)

防衛大学吹奏楽部48回定期演奏会 2012

 2回目の防衛大学吹奏学部の演奏会を見て聴いてきました。

◇日時 他
月日 2012/11/24 (土)
時間 開場14:00  開演15:00
場所 横須賀芸術劇場 入場無料
客席 1,806席(2,000人収容)

Img_7176a_4  Imgp5880es_3


Img_7213e_2 ◇プログラム
  ☆第一部
 ・君が代
 ・陸軍分列行進曲
 ・行進曲「軍艦」
 ・空の精鋭
 ・希望の光
 ・故郷へ ~その若葉のころ~
 ・アルヴァマー序曲

 ☆第二部
    ♪マーチング・ステージ
 ・飛翔
 ・ドラムメジャー・ソロ
 ・情熱大陸
 ・へイ・パチューコ
    ♪ポップス・ステージ
 ・私のお気に入り
 ・ロッキーのテーマ
 ・キャッスル・イン・ザ・スカイ
 ・パイレーツ・オブ・カリビアン

_

    ↑ マウス左クリックで 拡大します_

◇防衛大学から はがきを頂いて演奏会を知りました。
自宅を12時30分出発して13時到着40人位先客あり 1時間待ちの14時に開場。
第一部終了後見回したら 今回は空席が大分目立ちました。

◇昨年は最前列中央の真ん中で最大音量を体全身で聴きましたが、今回はステージから16列目の右端でしたので演奏の一部始終が手に取るように分かりましたが、ステージから20メートル位離れていて昨年の音感とは大きな違いを感じました。

◇今回はブログ記載を考えICレコーダーを用意 全曲録音(音質はダメですが)しました。
初めてのぶっつけ本番の録音操作と所々の写真撮影で そちらに気をとられて演奏はまともに聞けず
知っているおなじみの曲と 太鼓大好きの私は 西野智成さん「ドラムメジャー・ソロ」が記憶に残っております。

  Img_7184a  Img_7202ae

      ↑ マウス左クリックで 拡大します              ↑   ヘイ・パチューコの演奏(と思います)

◇アンコール曲
・錨を上げて ラデツキー行進曲 の2曲でした
・高校生の時 実家の鉄くず回収業で 中古レコードSP版を大量に入荷 市販の殆どの行進曲あり何回も聞いたのでメロディーは覚えていますが、曲名は忘れています。
碇を上げて の曲名は ICレコーダーとネット動画を付き合わせてヤット分かりました。(^^;)

・ラデツキー行進曲の演奏は 指揮者山下伸介さんが左の袖から飛び出して指揮を始めました。
客席に向いて笑顔で強弱の手拍子をうながして観客も応答して大変盛り上がりました。

・指揮者の山下伸介さんはバスーン奏者で オーケストラや室内などで幅広く演奏、多くの中高校大学で教え そして厚木交響楽団その他で指揮をされていると紹介されていました。

・ザ·ピーナッツツ育ての親であり、ピアニスト·作曲家·編曲家宮川 泰さんの生前TV出演を何回もみてかなり ひょうきんで面白い人でした宮川泰と 山下伸介さんは重なっていました。

 ◎次回は演奏の様子が見えなくても演奏を体で感じて感動出来る中央の一番前に着席します。

 BGMを ラデツキー行進曲と思いましたが自分の下手な拍手が録音されておりNG。
行進曲「軍艦」=軍艦マーチの演奏をICレコーダーで分割 取り出しましたが、2.63MBで無理
そこでフリーのBGMからmidiの「ラデツキー行進曲」を添付しました。

2012年9月10日 (月)

ギター演歌 by 木村好夫

Photo


 写真左のCDを購入して初めて聞いたときは 幸福感いっぱいのなんともいえない気持ちでした。
思わずメロディーを なぞってしまいました。
そして、写真右の2枚目も購入しました。

 私が中学生の頃 (昭和27年) からと思いましたが 毎朝決まった時間に ラジオから流れて聞いた 歌のない歌謡曲 ナショナル電器 現在のパナソニック (提供 だったかな?)を 名手 木村好夫さんが奏でる 現代版です。
当時は 娯楽が少なく 歌謡曲(現在は演歌)一般的に広まっていました。

 私は音楽のメロディー演奏が大好き人間で、広く浅いクラッシック全般 ドラムス 太鼓 三味線 ジャズ 尺八 スクリーンミュウジック 等々 昔流行ったものなら何でも当時から今でも聴いています。

  
 私も含めて (女房はのぞく) 3人の子供が学生時代  共通ジャンルは 「 レベッカ 」   でした。
CDも何枚かあり 私の ウォーキングの良き友 iPodnano 16G ウォーキングで シャフルアルバムの中で 聴いております。 

 美空ひばり 石原裕次郎 等 超メジャー歌手はヒット曲多いが メジャー(超ナシ)歌手はヒット曲少なく いまいち曲多く 又人数も多い。
 これらの ヒット曲だけを聴こうとすると 多くの枚数CD購入して いまいち曲も多数入って選別が大変。
でも 木村好夫 ギター演歌は これらの ヒット曲のみ聞ける(^^)/

 ◎今まで 演歌は 私の iPodnano 16G には裕次郎と鶴田浩二の 2人で 枯渇していたので しばらくは この CD曲2枚を 曲名を思い出しながら 聴き入り楽しみました。

 ☆ 昔大ヒットした 渡哲也 の くちなしの花  ・・・なつかしい~な~

2012年3月10日 (土)

新鮮 ベートーヴェン第5交響曲

 2008年4月頃からiPodnanoで、814曲(16G タイプです)を曲名シャフルで聞いていましたが、数日前から アルバム単位のシャフルに切り替え聞き始めました。

 日課のウォーキング 2012/02/22 吉方位 南に16:19自宅出発しました。
iPodnano 16Gで、私のリスニングタイムの始まりです。
  
 連続したアルバムが終了し 次に 「ダ ダ ダーーーン ・・・ 」 あの有名な ベートーヴェン第五交響 第一楽章が始まり驚きと感激で 思わず立ち止まりました。

Photo Photo_2            

 今まで曲名シャッフルでCDアルバム上の順不動で連続性なく、交響曲は第1,2,3,4楽章のある楽章が突然に流れる聞き方は何か違和感がありましたが、今回第一楽章~第二と順次聞けて新たな新鮮な感動を受けました。(T_T)

 この曲は、兄貴から勧められて ラジオ放送された 第五番運命が クラッシクを聞くスタートになった思い出深い曲です。
そのラジオは おたく少年であった高校生の私が 秋葉原で部品を購入して回路図を見ながら半田付けし真空管式並四ラジオ を作成しました。

 新鮮な感動を味わいながらを ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベートーヴェン 第5番 運命 全楽章30分1秒を聴いて ウォーキング終了ました。

 第一楽章の冒頭は、現在はアマチュア無線しか使用されてませんが 
モールス信号 アルファベット V ・・・ ──
Vの文字は何か運命に通じるところが有るような気がしますが・・・

 ◎アルバムを最初から最後まで通して(これが普通ですが)聞けるようになり 特に交響曲は流れが分かります。

midi でも雰囲気は出てると思いますが、(私だけ?)
midi は 8分14秒あり CDの 7分18秒 より 長いですね。
CDと演奏内容は同じと思いますが、確認(やる気がない?)しましたが 無理でした。(>_<)

2011年11月10日 (木)

防衛大学吹奏楽部47回定期演奏会

 横須賀芸術劇場で初めて防衛大学吹奏学部の演奏会を見て聴いて来ました。
自宅から徒歩数分の京浜急行 県立大学駅から2つ先 汐入駅そば迄 ウォーキング(下記)のため50分往復。
 私のブログ  毎日30分ウォーキング 始めて11ヶ月 (↓下記)
            http://homes83.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-3cdc.html

月日 2011/11/03 文化の日
時間 開場13:00  開演13;30
場所 横須賀芸術劇場 入場無料
客席 1,806席(2,000人収容)

Photo A

第1部マーチ     大空 軍艦 空の精鋭 飛翔 砂山 吹奏楽の為の交響的舞曲「月の宴」
第2部ポピュラー      ムーンリバー ディズニー・メドレーⅡ 江~姫たちの戦国~メインテーマ
             海の男達の歌 ガリバー旅行記
アンコール曲     3曲 もう1曲 同期のさくら ラディスキー行進曲

◇12時25分に到着200人位並んでいましたかな?、そのうち入場者が多くなり12時45分から入場を開始しまし。私が入場したときは最前列は一人も着席なく、中央に着席しました。
最初から最後まで、生の演奏を十二分に全身で楽しませて頂きました。
 
◇1部の終了後振り返って客席を見ましたが、全席埋まっていました。
挨拶のなかで、「昨年より入場者多くプログラムパンフレットは行き渡りませんでした」 でした。

◇深く記憶に残った曲は
 ・NHK 江~姫たちの戦国~メインテーマ→→→大河ドラマは何年も好んで視聴していましたが、時間に縛られるのである時から中止 テーマ曲は耳にしていませんが、吹奏楽の演奏ですばらしさを堪能しました。
 ・吹奏楽の為の交響的舞曲「月の宴」→→→交響曲のようで思わず聞き入りました。
 ・海の男達の歌→→→波の擬音から始まって 所々にボリュームの大強小弱があり 最後も波のようなメロディーで終了 感銘をうけました。
 ・同期のさくら→→→10数人の防大生の合唱に何故か涙、鶴田浩二の「同期のさくら」と重なった・・・

 ◎最前列の中央に着席しましたが、演奏者の前1列しか見えず残念。次回はよく検討します。

 若きしのある日 デートして最初の映画 「ティファニーで昼食を」 の曲 アンディーウイリアムスが歌ってる
  「ムーンリバー」

2011年10月10日 (月)

米軍第七艦隊バンドコンサート

 年1回 毎年楽しみに 2001年から2005年まで 4回 年末に 横須賀市文化会館大ホールで アメリカ海軍第7艦隊の 生演奏を 聴きに行きました。(*^_^*)

 最前列席は皆さん座りたがらないので、後から入場しても座れます。
トランペット トローンボーン ドラムス の楽器の音が一番近い真ん中に座り身体いっぱいに受け そして 自宅では、スピーカーで聞くときは音量は控えめですが、目の前で 最大音の時は鳥肌が立ち 夢ごごちの時間を堪能してきました。 ストレスはすっかり蒸発します。

Img_5459

 当時は横須賀市のメールマガジンを購読して、メールで定期演奏日が近づくと即申し込みました。もちろん無料申し込みで(^_^)v
お金を払っている人もいたようです。

ちなみに 演奏曲は 
 錨をあげて(マーチ) ブラジル インザムード A列車で行こう シングシング ビギンザビギン
等々お馴染みのスタンダードナンバーが多いです。

 私の中高学校時代は、秋葉原に部品を買いに行って真空管の5球スーパーのラジオを製作しましたが、ラジオ放送が聞けるがメインで音質など眼中には有りませんでした。

 大学生の頃 現在のようにすばらしい再現装置の技術か確立されて無く 低音を再現するのに 1サイクル(昔はHzでなかった)1万円の費用が掛かると云われました。

 とても無理無理でお金がなく、スピーカーの振動するホーンの円周の所をカットして淵に柔らかいフェルトを貼って当時はHiFi(ハイファイと言ってました)手作りで高音質(主に低音)を楽しんでおりました。

 ◎現在16GiPodnanoで ウォーキングその他の時間に音楽を聞いていますが真空管5球スーパーラジオの音質より天と地の差があり有り難さが身に染みます。

 ◇防衛大学の演奏会のポスターが目に入り アメリカ海軍第7艦隊を思い出しました。 

  ☆ 美空ひばりも 歌った     ジャズのメジャー曲  「A列車で行こう」    

2011年8月20日 (土)

iPodnano充電用電池BOX

私のブログ (下記↓) (Ⅱ) 代目 iPodnano 16G 現役
  http://homes83.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-473b.html
利用していますが、本体の充電池の充電を忘れて途中で電池切れでリスニングストップが何回かありました。
 そこで、充電しながらIPodnano 16G が聞ける 単四電池x3本使用()のEmerjencyBattery① と 直接接続するとイヤーホーンが接続できないので中間ケーブル③も合わせてネットで注文購入しました。
 
ある時①②③を持参して聞いたところ、途中でIPodnanoがフリーズしてしまいました。
注文時には、ネット販売店にメールで充電しながら聞ける事を確認しましたが・・・

Battery_adaptera

       ↑ マウス左クリックで 拡大します

フリーズして操作不可で仕方なくネットでIPodnanoのプログラムを再ダウンロードして聞いておりました。
充電用電池BOXで充電中の利用はあきらめていました。

自宅で聞く状況が生じましたが、電池の容量が少なく仕方なく100V 用充電器で充電しながら聞きましたが、全く正常に長時間聞くことが出来ました。
 
 私のブログ (↓下記)毎日30分ウォーキング 始めて11ヶ月
    http://homes83.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-3cdc.html最近
 で 主に聞いていますが、最近 充電用電池BOX①②③の状態で おそるおそる試してみました。
結果正常に長時間聞くことが出来ました。(^^)/
 
原因はプログラムを最新に書き換えたことで正常に動作出来たと思います。

 私のブログ (↓下記)新発売パナソニック 「ステレオインサイドホン」入手
   http://homes83.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-4f51.html
で1ヶ月使いましたが、低音は抜群です。こんな小さなものからよくこれだけの低音が出るのか不思議です。
    高中音はそれなり(気にしていないので)と思います。
                
 ◎その後安心してウォーキングその他の外出で楽しんでおります。(^^)/

11/08/31 追記 BGMの設定方法調べました。亡き兄と楽しんだ 映画 グレンミラー物語 の「ムーンライトセレナーデ」

※11/10/26 追記 写真(①)の電池は単四であることが分かりましたので訂正します。m(_ _)m   

2011年7月20日 (水)

新発売パナソニック 「ステレオインサイドホン」入手

 iPodnano 16Gのイヤホーンが不良になり新製品を購入交換しました。

 私のブログ  「(Ⅱ) 代目 iPodnano 16G 現役」 (↓下記)
            http://homes83.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-473b.html
 で使用している付属のイヤーホーンが最近 右側出力が小さくなりコードの付け根を押し込むと正常になる故障でなんとか聞いておりました。

 イヤホーン修理を考えておりましたが、ネットで新発売のパナソニック RP-HJE180ステレオインサイドホン(写真ⓐⓑ)を入手交換しました。
  ◇主な仕様
型式:密閉形ダイナッミック・ステレオインサイドホン 
再生周波数帯:6~25000Hz →この低音特性でこの製品に決めました。
Photo_2 Photo  

 今までのイヤーホーンは耳の穴が密閉するようにして聞いていました。こうすると、音が漏れず音量小ですむので電池が長持ち 音漏れなく回りの人に迷惑かけない。そうして低音がよくなる。

 ですが、耳の穴密閉する装着は本体 コードがかなり露出し強風時はコードに当たる風圧で かなりのノイズとなり小さな音ありの交響曲等は全くNGです。(>_<)

 
 私は今までイヤーホーンを何個も購入してますが 今回初めての密閉形で耳の穴に装着するのに色々悩みましたが、最終的にうまく出来るようになりました。

 以前のものよりも低音特性がグーで、低音が大好きな私にとっては大変うれしい。(*^_^*)。

 特に、曲中 「鬼太鼓座」の 大太鼓の低音が一層鮮明になりました。(^^)/

 ◎強風時このイヤーホーンは耳の外にコード露出少なくウォーキング中 風圧ノイズが無くなり快適になった。(^_^)v

2011年6月20日 (月)

ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番」 第一楽章

 テレビ朝日 「題名のない音楽会」 2011/06/19 午前 9:00~9:30 放送で 辻伸行さんと東京フィルハーモニー交響楽団 指揮佐渡裕さん演奏の ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番」を 視聴をして、大変感銘をうけました。

 いつもパソコンを操作しながら、この時間のながらTV視聴は、テレビ朝日 「題名のない音楽会」を数週間前から見ています。

 最初は 辻伸行作曲「神様のカルテ=エンディング」編曲:松谷卓
でしたが、昨年コンテストで優勝して 大変話題になった ピアニスト 辻伸行さんの演奏はよく見受けますが、作曲した曲を演奏して、作曲もやるとは・・・ で聞き入りました。

 次に ラフマニノフのピアノ協奏曲第2 第一楽章の 演奏で、ながらパソコン操作を中止して鳥肌が立ち聞き入ってしまいました。

 それは、私の所有CD アシュケナージの ラフマニノフのピアノ協奏曲 2番を思い出しました。

Img_4865_2 Img_4865

   (Ⅱ) 代目 iPodnano 16G 現役 ↓下記 
               http://homes83.cocolog-nifty.com/blog/cat22191492/index.html
 ウォーキングで、814曲をシャフルモードで聞いていますが ラフマニノフのこの曲は数週間に一回の割合で楽章がバラバラ出てくるので いまいちですが、辻伸行さんの演奏と佐渡裕さん指揮の雄姿で感銘を受けました。

 私の妹がピアノの先生をしている関係からピアノの音を聞きながらが育ったので、ピアノ曲が好きになり、最初に好きになったのは、ベートーベンの「月光」「熱情」を夢中になって聞きました。そして次にラフマニノフのピアノ協奏曲に夢中が移りました。

 ラフマニノフは、最初に購入したレコード(これもアシュケナージ演奏)の解説にピアノ協奏曲第1番は大変不評で精神的に悩み、どなたかの進言で立ち直り 第2番が有名になったを思い出しました。
 最近、アシュケナージさんは指揮者としてNHK2チャンネル日曜21:00のクラッシク放送番組でNHK交響楽団の指揮をされていました。
 音の強弱が激しくテンポの速度変化が大きい「月光」「熱情」が好きですが この曲は違ったおもむきがあり大好きです。 

 最後は 辻井伸行作曲「風の家」編曲:服部隆之 は、ブログ記載作成を思い立ち夢中になり耳に入りませんでした。

  ◎あまりにもの感動で急きょブログ記載予定を変更して本記事を記載しました。