2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

【自動車】

2018年6月30日 (土)

2代目乗務 いずず・6屯ボンネットトラック

アルバムの写真から2代目のいずず6屯ボンネットトラックを記事にしました。
.

 Fig1_2 Fig2_2
.
◆暖房ヒーター

・昭和41年は西暦1966年です。
Fig2 の写真からラジエーターグリルの正月用のお飾りが取り付けてあり正月の写真です。
・この車種から運転台にヒータが搭載されたと思いますます。
・私のブログ 私の最初乗務 トヨタ・5屯ボンネットトラック に取り付けた前掛けは性能が向上して、不要になりました。

◆ディゼルエンジン
・この車からディーゼルエンジンになり燃料はガソリンがら軽油になりました。
・ディーゼルエンジンは軽油切れを起こすと、軽油タンクに投入しても燃料噴射ポンプに空気が入り
このままではエンジンがかかりません。
・私のブログ 私の免許証取得 52年前 の中に 「・・・自衛隊で免許取得した運転さんは、バックが苦手で、・・・」
の運転手さんが川崎で燃料切れを起こし回復方法が分からず川崎まで出向いたことを思い出しました。
 ◇孝行自動車
・私のブログ 孝行自動車 のトラックです。
・ディーゼルエンジンは、電気が不要でもエンジンが回転すれはエンジンがかかり
・駐車する時は負荷の大きいローキァーに入れてエンジンがかからないようにしておく。
・でも勝手に走行したことは、火災時にセルモータのスイッチが接続状態になったしかないです。

◆ブレーキ修理
・この車だと思いますが、後にも先にも1回だけですがフロントのドラム式の
ブレーキ部品ライニングを交換した事を思い出しました。
・交換後オイルのエァー抜きと効き目の隙間調整は2人で行ったと記憶しております。

◆フロントガラス
・この車種から、大きな1枚ガラスになったようです。
・マイカーない我が家は20数年前から乗車した全てのレンタカーは、箱根旧道等の急カーブを走行時
フロントガラスの両端に、柱があり いつも体を乗り出して左右前方の車を確認しております。
・私にとってはフロントガラスセンター支柱より左右の視界が重要です。

◆臭い
・この頃からと思いますが、お得意先に飼料会社の原料の中に魚の細かくしたものがあり
倉庫会社に引き取りに行ったが臭いが強烈のことがありました。
・その度毎に作業着は交換しなければなりませんでした。 
.
.

 ◎初代のトヨタボンネットトラックは、ネット調査で仕様詳細が分かりましたが、
今回の いすず6屯ボンネットトラック は皆無でした。

2018年3月30日 (金)

三島、沼津墓参1803

今年も女房の実家三島と沼津にお墓参りに出掛けました。

     Fig1  Fig2


◆法華寺 Fig1
・同行の息子が禅寺で白雲禅師が修行したお寺と言われてネットで調べたら
・ 源頼朝と関係の深い寺で、現在境内に頼朝の腰掛け石、頼朝の衣掛け松、頼朝の経塚などが残っている。三島をよく往来した頼朝は源氏の旗挙げ成就をこの寺にも祈願し、写経を奉納したと言われている。現在、経塚跡には地蔵尊が安置されている。
・次回は腰掛け石、衣掛け松、経塚を見つけたいと思います。

白隠禅師と大聖寺 Fig1
・後日息子に再確認したらこのお寺で白雲禅師が修行したことが判明。ネットで調べたら
・次のことが分かりました。
・”宝永年間当時、臨済宗中興の祖神機独妙正宗国師白隠慧鶴(しんきどくみょうしょうじゅうこくしはくいんえかく)禅師は大聖寺の徒弟として、当寺第5世息堂和尚のもと、禅の修行の第一歩を踏みだしている。”
・次回からはこのことを頭に置いて墓参をしたいと思います。

◆レンタカー Fig2
・いつものレンタカー会社が軽乗用車を廃止してオリックスレンタカーで初めてホンダN-BOXを利用しました。
・ホンダN-BOXは前進D、Lの2段 後進R1段のギヤーです。
・平地走行では何の問題はありませんが。
・箱根下りでLギヤーではエンジンブレーキが弱くてどうしてもフットブレーキを使用せざるを得ない。
・いつものレンタルのダイハツタントは前進ギヤーが3段有り
・箱根の下り坂ではエンジンブレーキは十分の効果ありました。
・ホンダN-BOXは室内左側に簡易サイドミラーが有り左に寄せて駐車、走行に便利でした。

◆混雑
・前回お彼岸中日に行ったのでお墓も道路の大混雑でした。
・今回はお彼岸1週間前でしたので、お墓は2~3組しかおらずそして道路も普通で大変快適でした。

◆サプライズ
・以前私のブログ まいう~の石さん 石塚英彦さんに バッタリ で私が実家と親戚のお墓3つ墓石を水洗いしたら 石塚英彦さんに お目にかかれました。
・この時は、9月21日でも大変暑く墓石清掃で下着まで大汗でした。
・その後 サプライズは有りませんがヤッパリ大汗かくほどの苦しみがないとダメですかね~

◆小田原の柳屋ベーカリー Fig2
・女房がTVで見た小田原のあんパン専門店であんパンを食べたいと往路は10時開店に早すぎてNG。
・復路は15:06到着でしたが、本日は臨時休業でした。
 ◇気学
 ・
私と息子はあんパンには特に興味ナシ。
 ・女房は年星六白で西は本命殺凶で本人のみガックリ。(>_<)
 ・私のブログカテゴリー 気学 は凄いの事例です。

 横須賀自宅発06:17 三島-沼津の墓参-沼津港の食堂で食事 そして 17:09自宅着 でした。 

2017年10月30日 (月)

高齢者講習3回目

今回3回目の高齢者講習に出掛けました。

   Fig1 Fig2

◆受講者4名検査官2名
・7月27日の認知機能検査受験→若い頃から記憶が苦手な私は75点以下で高齢者講習受講。

◆コース走行 Fig 1
・最初同組の90歳男性は、一旦停止せす、左折で小さく回り反対車線逆送、ウインカー出し忘れ、かなりの難聴。
・私は運転しない方がと検査官に言ったら → これは本人が決めることだから。
・次に私の走行でスピード出し過ぎ、検査官がブレーキで停車させて注意。
・前回は長い直線距離はスピードを出すを云われたのが今回はゆっくり走行で人によって相違?
・本線から細い枝道左折で、大回りしたらセンターラインはみ出しで、同じくブレーキ停車させて注意。
・一般道走行で曲がりきれないで切り返したら他の車に迷惑と思い大きく回りましたが・・・

◆前、前々回
・前回2回のテレビ画面で色の表示でブレーキ、アクセルの踏む時間の測定で、
1回目は慣れず2回目のほうが、反応速度が速かった。
・今回期待していましたが、廃止になりました。(>_<)

◆運転操作のポリシー
・走行中オートバイ、自転車、人と平走する手前から徐行して最大注意しながら追い越す。
・右折は前方車が通過しても早急に右折せず左右を再確認して右折する。
・片側一車線道で走行時後続車が私より早いが分かれば追い抜き安全場所に停車して先に行って貰う。

◆走行の解説
・私のドライブレコーダーは撮影不可で、口答解説になる。Fig 2
・私のポリシーとその他の走行事例で、検査官は 良で、後は認知と云われた。
・修理もしてますで、掃除機の部品カーボンブラシをメーカーは不売でネットで調べて加工して利用修理した。
・私のブログ 私の免許証取得 52年前 の大型トラック乗車10年間無事故無違反を言いました。
・以上の話を聞いて、気をつけてやって下さいを云われ、納得したみたいです。

◆安全運転
 ◇幼稚園バス
・以前に幼稚園で送迎バス運転で、女性3日私2日のローテイション乗務を思い出しました。
・ある先生が言ってました。女性は元ダンプ運転士で強引運転するので停留所に早く到着。
・私超安全慎重運転で停留所到着遅い。ので園長からもっと早く到着を強要された。
・登園途中混雑時 なぞなぞを出したら園児から大好評で以後毎回リクエストとなり幼稚園で好評になった。
・この話をしても、関係ないようでした。
 ◇トンネルすれ違い
・昔、8屯大型トラックでフェリー利用金谷港から狭いトンネル内で私乗車の大型トラックと
ダンプのすれ違いでダンプは減速なしでいつも私が徐行してヒヤヒヤでした。

 認知機能検査受験が75点以下で受講時間+1時間と+1000円(?)でしたが、次回は75点以上を目指します。

2017年10月20日 (金)

天津神明宮のお水取り 2017/9 続

平成29年9月12日、21日 につづき3回目のお水取りをしました。

◆年月日 他
・月日    平成29年9月30日
・時間    午前 3時~5時
・九星中宮  一白 年月日時間 4同会 (Fig 1)
・方位    巽 九紫
・場所    房州伊勢の宮 天津神明宮 (Fig 2)

  Fig1  Fig2

  Fig3 Fig4

◆訪問者
 ◇大正館

・40代位の男性2人連れのお一人は大正館矢島先生について勉強された人でした。
・明石市からココ千葉県鴨川市は20分の早い時差があり 3時40分にお水取りをされました。
・矢島滋規先生は母親生前時に妹と私3名で鑑定をお願いにお邪魔しました。その時の名刺。Fig 3

 ◇アマチュア無線

・水取場所近くの石ベンチに40分滞在中に隣ベンチの男女2人に、お話をして私の名刺を渡しました。
・名刺を見て女性はアマチュア無線の資格を所持と言っていました。
・平塚(かな?)から来られたと云っていました。
・かなり多くの場所でお水取りしたそうです。

 ◇人数
・前回のときは人が少ないので全員にブログ名刺をお渡ししました。
・今回は前記の人にお渡ししましたが、その後土曜日でもあり30~40人位と思いました。
・人数が多すぎてブログ名刺のお渡しは中止しました。

◆明石市との時間差
・大正館の訪問者の、このお話は目から鱗でした。
・以前のブログに記載しましたが、地球の南半球と北半球は磁石の南北が反対になります。
・このことを調べようと山本光養先生は南半球に出掛けました。
・従って時間の差も大いに関係があると思いました。
・ネットで調べたら 明石市と天津小湊町の時間差は+21分でした。
これからのお水取り場所の時間差に基づいて実施します

◆車中泊
・今回で3回目になり寝場所は、段ポールを敷いて平らになりかなり向上しました。
・神明宮午前4時40分出発フェリー乗り場金谷港までの39.3km1時間の山道は
貸し切り状態でマイペースで走行出来ました。Fig 4

◆寄進と歩き

・前日神明宮社務所が開いてる時間を問い合わせ到着。
・今回も天津神明宮に1回2L(¥2000勝手に決める)の魔法瓶X3回で
¥6000の寄進させて頂きました。
・帰宅後乾方向散歩、実家の墓参、買い物で8.2km 11、172歩 歩きました。

◆九紫吉方お水取り効果
・ここ数年間で九紫方位お水取りは
 1) 私のブログ 天津神明宮のお水取り 2017/9   平成29年9月
 2)   〃   東方位上総一ノ宮のお水取り   平成28年11月
 3)   〃   伊那下神社にお水取り       平成27年4月
・来年 九紫が中宮に入るのでこれらの効果が大きいことを期待してます。


 11月の巽七赤吉方お水取りを考えましたが、月破で断念しました。

2017年9月30日 (土)

天津神明宮のお水取り 2017/9

昨年につづき今年も巽方位でお水取りに出掛けました。

◆年月日 他
・月日    平成29年9月12日、21日
・時間    午前 3時~5時
・九星中宮  一白 年月日時間 4同会 (Fig 1)
・方位    巽 九紫
・場所    房州伊勢の宮 天津神明宮 (Fig 2)

         Fig1 Fig2


◆移動方法
・昨年は同会時間が午前10でしたので電車バスで出掛けました。
・どうしても同会時間に合わせたいので、電車は無理でレンタカーで前日車中泊に決めました。

◆9月12日
・12日1回目同会日は、午前4時前後は真っ暗ですが 約10人(2人同伴あり)確認。
・お水取りの場所は1回目は裸電球が点灯セットされていました。
・今回は気学を30年も勉強されている女性60代N(?)さん と気学のお話がはずみました。
その中で次回9月21日はお子さんと一緒に他の場所に行かれるとのこと。
・お別れした後気がつきましたが、お水取りの創始者 知久利雄先生は
1ヶ月の中で他方位の場所にお水取りは 太極が弱くなるので、NGと教わりました。
・このようなお話出来る人は身の回りに皆無です。出来ればN(?)さんお話しませんか ご連絡をお待ち致します。

◆9月21日
・2日目は辛亥で巽は日破となり訪問者は1人と2組でした。
・2回目はお水取り場所の電灯消灯で、社務所も経験から訪問者はないと思い消灯と思います。

◆日破
・お水取りの創始者 知久利雄先生は、寝たきりの病人は中止する様に言われております。健康者は否定してません。
・昔母親が、方替え(月日の吉方に月日単位で夜だけ宿泊する)を何回も実行して持病が完治した。
・この事例 私のブログ 方替えで_持病完治  で暗剣 五黄殺 本命殺  の日でも連続して宿泊する ので連続性が大事。
・このことから、2回目が日破で有っても連続が効果が大きいと思い出掛けました。3回目9月30日も実施します。

◆象意
 ◇9月12日
・九紫の象意 
女性60代N(?)さん は美人で中年そして服装があでやか..。
 ◇9月21日
日破象意
2日目で持参のボールペン2本が一部分破損しました。
九紫の象意 数は2本 物品は筆記用具 壊れるは日破。

◆行き方
・私のブログ 伊那下神社にお水取り で自宅から西方位の所で帰路 西方位で五黄殺の象意があり。
・自宅から他の方位を経由して目的地に到着しても経由方位の象意が現れるを実感してます。
・アクアライン経由は北六白暗剣殺と東八白本命的殺を経由します。
・ので、自宅から巽以外の方位を経由しない久里浜港からフェリー利用にしました。

 20代の頃実家のクラウンで京都大阪見物に母子て車中泊しましたが、今回お水取りで車中泊は初めてでしたが、座席を倒した荷台 (Fig 2) は足が伸ばせて寝られ窮屈では有りませんでした。

2017年9月20日 (水)

私の最初乗務 トヨタ・5屯ボンネットトラック

写真が出てきたのでブログ記事にしました。

  Fig1 Fig2

・現在は写真の建物は全て変わっています。

◆エンジン
Fig1 の前掛け(商人が前にかける)は全面ラジエータが冷え過ぎ防止で付ける。
・当時はまだトラックは殆どヒーターが装備されてないのでエンジン冷やさず運転台の温度を暖めるため。
・早朝横浜まで行く途中長期間アクセル踏んで走行中 靴底を通して足が冷えて寒くなっていましたが、長靴に履き替えてみたが、相変わらず足裏が冷くなっていった。
・このトラックはガソリンエンジンですが、その後乗車のいすずトラックからはディーゼルエンジンになりました。

◆ブレーキ
・この車の頃からと思いますが、真空ブレーキ利用となる。
・真空ブレーキの効き方が以前の油圧式ブレーキと比較して抜群に良くなった。
・納入時父親と私と妹と試運転に出掛けましたが、真空ブレーキの効き方が良すぎて全員前のめりになった記憶があります。
・前の油圧式ブレーキよりは抜群の効き目になったが、5トン満載積載すると空車と比べるとなかなか止まらない。
・私の最後乗車 日野キャブオーバー・エァブレーキ積載8トンになりましたが、真空ブレーキより効き目が大きいのに驚きました。
・ブレーキを踏んで離すときエァー放出のシュー音とエァークラクションの長引く音色に陶酔していた自分がおりました。

◆ウインカー
・写真を改めて見てウインカーがタイヤハウスの上に有るのは 古さを感じます。
・前の外国製ダッジ大型トラックには、ウインカーをアポロ(又は方向指示器)でワイヤー利用してメカ的にランプ付きの幅3~4cm 長さ25cmのブラケットが左右側に2個垂直で隠れていて、曲がる方向側のアポロが垂直から水平状態に現れる。

◆ギァチェンジ
・この車以前はダブルクラッチでしたが、この車からシンクロされてシングルクラッチとなりました。
・でも下り坂道でエンジンブレーキ使用でギァをシフトダウンさせる時にはダブルクラッチを使いました。

◆仕様
・ネットで調べましたが、昭和31年(1956) FA5型ガソリントラック 発売  が見つかりました。
詳しい仕様書 には  足動ブレーキは、油圧内部拡張四輪制動 その後はディ--ゼルエンジンとあり。
・真空ブレーキの記憶は間違いないので途中から変更になったと思います。

 ◎写真を見て懐かしさがこみ上げて当時を思い出しましたが、それは52年前でした。

2016年5月20日 (金)

実家の初代乗用車ダットサン

実家の初代自動車ダットサン の写真  が見つかりましたので記事にしました。

Fig1Fig4_2
                           
Fig2_2Fig3_2

◆性能
・ネットで調べたら 110型系[1955年(昭和30年) - 1957年(昭和34年)]
 水冷直列4気筒2ベアリング、サイドバルブ排気量860 cc・25馬力  のようでした。


◆当時の車エンジンのかけ方
・現在はエンジン始動はキーを差し込んで回転してエンジンをかけますが、
 この頃は独立したセルモータ回転スイッチが有り ONして エンジンを始動させました。
・バッテリーの性能が悪かったため、セルモーターを回すだけのパワーを出せない場合が殆どで、
 Fig4 のクランクシャフト棒 を使用でエンジンをかけました。
方法は Fig4 の穴に クランクシャフト棒を差し込んでエンジンに接続して Fig4を両手でつかんで
 エンジンを直接回転してエンジンをかけました。
・このときに両手の親指は人出し指と同じ方向にそろえて、ケッチン(瞬間的な逆回転)を
 食らっても対応出来るようにします。
・親指と人差し指を輪にしてにぎりケッチンをうけて親指を負傷した例を父から聞いて注意しました。

◆遠距離走行
・妹(二女)が音楽大学卒業後の就職で母親が方角を見て乾方位の木曽福島の小学校に決めましたが、
 その前に八王子に方替えしてから現地に行きました。
・母親 兄 私 妹(三女) 乗車して 二女の妹を訪問した 帰路に車が故障して(故障場所は忘れました)
 中津川市(と思いました)の修理工場で修理して貰ったときに、工場の人が
「この86(排気量860cc)で横須賀がら来たんですか?」 と驚いていたのを思い出しました。
・この時は、私は自動車免許は取得してませんでしたので兄の往復運転でした。
・免許の取得は 私の免許証取得 52年前 を参照して下さい。
・写真 (Fig1) の運転手は、ホームズA 20歳です。
Fig2 の運転手は、ホームズA 19歳で 後部座席は弟です。
・これらの写真は  ❶私の初代カメラ キャノネット は未入手で、兄所有 6X6の2眼カメラで撮影しました。

 ◎他の写真も見て当時を思い出し懐かしさで胸が熱くなりました。

2015年4月20日 (月)

伊那下神社にお水取り

伊豆西海岸の伊那下神社の神明水を頂きにお水取りに行きました。

◆年月日 他
・月日    平成27年4月8日
・時間    午前 9時~11時
・九星中宮 三碧 年月日時間 全て同会 (Fig 1)
・方位    坤 九紫
・場所    伊那下神社 (Fig 2,4)

                               マウス左クリックで拡大         

マウス左クリックで拡大  マウス左クリックで拡大

◆お水取り実施の判断
・天皇両陛下が4/8 坤方位のパラオへ戦没者を慰霊に訪問される報道を聞いて 私のブログ  大歳について でお水取りを躊躇していましたが、天皇両陛下が一泊訪問され当然鑑定 (以前聞いた高島易と思いましたが) されてることと思いますので、実施を確信。

◆お水取り場所の選択
 ◇沖縄
・遠い方が良いと 調べたら、4/8 自宅の一番電車で行っても羽田発の一番飛行機に乗れず同会時間10時には間に合わずダメ。
・前日出発して一泊の 4/7は、八白暗剣でダメ
・前々日出発して二泊の 4/6は、金額も上がるが根がつき歳破の帰宅になりそうで難しく中止。

 ◇伊豆急下田駅の民家
・平成2年7月22日 にお水取りの実施あり、24年以上も経過で場所を思い出せずグーグルマップで調べたが場所が特定出来ず断念。

 ◇伊豆の名水 南伊豆 加納 山田の水
・グーグルマップで調べたが場所が特定出来ず中止

 ◇伊豆の名水 松崎伊那下神社の神明水(Fig 2,4)
・場所は簡単に判明しました。→ここに決定

◆移動方法
 ◇電車

・【バス】伊豆急行伊豆急下田駅より東海バス堂ヶ島行きで50分、松崎下車徒歩15分
 とネットで分かり、当地に10時頃に到着。お水取りの場所がハッキリせず見つける時間が少ないので中止

マウス左クリックで拡大  マウス左クリックで拡大

 ◇自動車 (Fig 5)
・レンタカーで訪問しました。軽自動車 ダイハツ タント 
・出発 4/8  02:57~06:35 3時間38分
・帰宅      11:00~15:27 4時間27分
・走行距離   334 Km   全て一般道 (有料道路 1ヵ所ミスで通行)

 ◇駐車場の問い合わせ
・ネットで調べたがハッキリせず。松崎町役場 生活環境課にメールで問い合わせしました。
・回答 「神明水の湧き出る伊那下神社の敷地内にもございますし、伊豆の長八美術館の駐車場に止めていただいても大丈夫です。」

 ◇当日お水取りの場所
・現地に到着して かなり広い長八美術館の駐車場に駐車しました。 (Fig 3)
・本降りの雨で同会時間まで車内に閉じこっもって9時過ぎに外に出て近くの人に訪ねたらすぐに分かりました。
・神明水は(Fig 4) で 左矢印の先 左側5~6mのところにあります。
・同会時間真ん中10時頃になったら雨は小雨になりました。
・浜松からマイクロバスで数人の人がお水取りに訪問あり。
・岐阜からご夫婦でお水取りの人。
・水量は (Fig 2) のように大変多く4本もありお水取りの人が大勢でも対応可能です。

 ◇お礼他
・お水取り白水会初代会長知久利雄先生は、お水取りは歩きとお礼をしなければ効果が少ないとお聞きしています。歩きは本降りの雨で殆ど出来ませんでした。(^_^;)
・お礼は (Fig 2) で右側の湧水の上にお賽銭箱があり雨でお札は濡れると思い¥500X2 があり入れました。残りの気持ちは寄付します。

◆帰路 西方位で五黄殺の象意
・帰宅途中の箱根下り坂で気温がかなり下がり、車のフロントガラスが曇り A/Cデフロスター強風で高温から低温まで実施そして窓ガラスを開放しましたが、変化なし 手で拭こうとしても距離があり手が届かず 小さな曇りのないガラスの穴からの運転で数十分の運転恐怖でした。→箱根から自宅は東になり一白暗剣の寒い、水蒸気で見えないの象意もあり
・下ってきて高速道路の方向を間違えて有料道路に入り¥160分戻り走行そしてUターンがなかなか出来ず数キロ先で戻れました。→これも¥160は一白の数

 自動車で3時間半強 でこられることが分かり次回は確実な予定が立てられます。

2014年9月30日 (火)

三島、沼津のお墓参り

今年も女房の実家 三島と沼津のお墓にレンタカーでお参りしました。

                               A


Photo Photo_5

◆自宅から帰宅返却まで
・自宅出発04:58 → 道の駅箱根峠休憩06:58 → 法華寺07:58着 → 法華寺08:20出発  → 大聖寺08:54着 → 大聖寺09:51出発 → 沼津実家10:18立ち寄り留守 → 自宅着13:35

・昨年は 04:21 出発で途中混雑もなく 旧道のカーブは前後の車無く貸し切り状態でしたが、今回3~4台 途中まで同走でした。

・毎年のことですが、自動車のナビゲーター操作方法を調べるのに時間が掛かるので今回は17:00~2日後の17:00  まで借りましたが、実家に立ち寄ったが留守のため何処にも行かず帰宅し1日早く返却しました。

・帰宅して、17時まで時間がありましたので、近くのスーパへ食料品の買い物と ホームセンターへ鉢植えの植木を購入に行きました。

◆運転
・昨年と同様箱根旧道の上り 大平台のヘヤピンカーブ そして下り芦ノ湖手前の同じく ヘヤビンカーブそのた多くの左右のカーブ運転をエンジョイしてきました。 ところが、女房は道の駅箱根峠で体調不良を後で云われました。
・来年は旧道のカーブは遠慮しなければだめかな・・・

◆レンタカー使用時間
  トヨタレンタカー横須賀中央店出 14/09/19 17:00
             〃    〃    着  14/09/20 17:00

◆何が良いこと
今回も、お墓石 三島と沼津計4ヵ所の清掃をしましたが、前回2回は暑くて大汗かきましたが、今回は涼しくて快適に出来ました。ので何も有りませんでした。

 去年より 37分遅く出発しただけですが、ところどころに渋滞があり来年はもう少し早く出たいですね。

2014年7月20日 (日)

高齢者講習に行きました

 数日前から大型の台風コースで講習日2014/07/11の接近を心配していましたが、なりゆきで会場に行きましたが、天気は早朝曇りから晴れになりました。

 前回は20人位居たと思いますが、今回私は1番最初に待合室に入りましたが、08:45の開始時間で 係の人が来てこちらへどうぞで 5人で講習教室に入りました。

 係の人は、実は講師の人で 「全部で15人でしたが台風の影響で10人がキャンセルとなり 今日は5人だけです」
5人を2班に分けて2人の講師で、私は3人グループの講師とマンツーマンの様に講習を受け親近感を感じ大変良かったです。

 私が免許証を取得したのは大学生時代で、当時は教習所はもちろん、練習する場所もありませんでした。
早朝に勝手に実家運送屋の5トントラックを持ち出して町中を一人で無免許で練習するしかなかったです。
    私のブログ   私の免許証取得 52年前    ← マウス左クリックで参照してみて下さい
作業が主でしたが 助手で同乗して広い構内現場で練習した事を思い出しました。

 私にとっては、教習所の練習コースを運転するのは今回で2回目ですが今回ブロクにしたので写真を記載します。

Photo_6Photo_7
Photo_3Photo_4

         ↑ マウス左クリックで 拡大します

 受講者のある人が、「軽自動車しか免許をとってから運転したことがないので心配です」
私返事に困って「ふだん通りの運転すれはよいですよ」

 実は、自動車を所有してない私は1年に1回レンタカーを借りて 三島 沼津のお墓参りに毎年行きますが 私も数日前から運転実技が心配で、毎日の血圧測定で高くなる日もありました。

 講師の人 「講習で落ちることはないですから大丈夫ですよ」
この言葉で大変落ち着きました。

 昨年9月から自動車運転はしていませんが、実技で運転しましたが普通に運転できました。
運転は20年近く実家運送業の大型トラックを運転してきたので、体の一部となってしまっていると改めて再認識しました。

 終了後に無性に運転したくなり、自宅に帰ってから女房に「レンタカーでどこかに行こうか?」で
出不精の女房は 「9月に沼津行くのでそれまで待ったら」でした。

 ◎今年も運転の充実感ある箱根旧道の多くのカーブ走行を楽しみにしています。