2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

【修理 交換】

2016年4月30日 (土)

シャープ掃除機修理

2010-9-22 に購入したシャープ掃除機動作不可を修理しました。

                          Fig1
Fig2Fig3

◆型名他 (Fig1)
・メーカー シャープ掃除機
・型名   EC-CP11-P

◆現状
・数ヶ月前に動作不可の掃除機を原因究明で分解してモーターのカーボンブラシが
 摩耗消耗で不良を確認しました。
・そのカーボンブラシの部品をシャーブに連絡して購入注文したが、業者しか販売しないと断られました。
・以前はモーターダイレクトドライブの洗濯機を修理(内容は忘れました)で、1.5万円近い部品は
 販売OKでしたが実際は価格が高すぎるので中止しました。
・そこでネットで縦横高さの形状に合う物をかなりの時間をかげてやっと奥行きD だけ2mm大きい
 Fig2 のカーボンプラシを見つけ入手。改造があり なかなか前向きになれずそのまま放置でした。
・4月に息子が大阪から帰ってきて自室の分解中の掃除機を入りダンポール箱が邪魔と
 指摘されて直さざるを得なくなりました。

◆類似部品改造
1) 不良部品一部使用
・Fig2
S の矢印の場所(不良品も形状は同じ)を切断。スプリングは取り去る
Fig3 のブラケットC に圧着接続された銅線W(上記S の切断した不良品)を利用する。

2) 類似部品のカーポン削る
Fig2 奥行きD 11mmを9mmまでサウンドペーパーで平行に左右1mm削る。

3) 類似部品のバンダ付け
Fig3 B 切り込みFig2 A の円形直下の銅線Wを差し込む。
Fig3 C 銅線WB に2回巻き付けて半田付けする。
・Fig3 B の半田付けはいまいちですが、その後納得する迄半田付けをしました。

◆動作確認
・改造した類似部品を取り付け組み立て、正常な動作を確認しました。

◆経過
・分解後数ヶ月も経ち組み立て方法が不明な所あり、修理の時は分解経過をデジカメ撮影しますが
 その画像が見つからずあきらめました。
・組み立て途中で、回転をコントロールするプラグをソケットに差し込みましたが、
 動作せずあわてました。(>_<)
・再分解して調べたらもう一つソケットがありそこに差し込んで確認したら動きました。(^_^;)
・それでも、なんとか1日で完了しました。
・それよりか、類似品のカーボンブラシをネットで探すのに延べ何日も掛かりました。

 不良のカーボンブラシの銅線を切断した時の写真を取り忘れ説明が難しかったです。

2016年3月20日 (日)

Panasonicコードレス電話VE-GD53DW

サンヨーTEL-EW7 ( Fig1 ) を  2005/01/11 購入使い始め11年間使用しましたが子機不良が頻繁に起こり
Panasonicコードレス電話VE-GD53DW-W 子機2台 ( Fig2 ) を入手使用始めました。

         Fig1_3 Fig2


◆優越感
・平成21年3月30日99歳で霊界に帰った母親 ( 私のブログ 方替えで_持病完治 ) を私の家から道路を挟んだ
 弟の2階に2年間寝たきりの母親を2.5人で介護していました。
・当時は女房が会社通勤で自宅は私1人でしたので、私の担当日はそこにコードレス電話子機を設置していました。
・私の自宅に訪問者が門柱のべルSW ( Fig2 の右上写真 ) を押すと弟の2階にある子機が鳴り
 「少しお待ち下さい」 を通話して2階から降りて道路から訪問者に 「こんにちは」  と声を掛けると
 自宅玄関からではなくて 後方道路からの声に ビックリ した動作に、優越感を何度も感じました。

◆新品に入れ替え
私のブログ 子機通話不可の修理  の原因アンテナコネクターに直接半田付けで再発はありませんでしたが、
 私のブログ 子機通話不可の修理_つづき  のフレシキブル基盤を清掃しても最近はランダムに不良になり
 受け側のソケット不良のようです。 
・新品を導入しようと機種を調べたら、コードレス電話の発売は、3社位に縮小してしまい
 殆どがテレビドアホン方式で、インターフォーン音声のみ方式はなかなか見つからず、探すのに何ヶ月も掛かりました。
・ある機種が見つかり、直接メーカーに問い合わせてヤットPanasonic機種に決定購入して設置設定しました。

◆改良点
・以前の サンヨーTEL-EW7電話機 ( Fig1 ) は子機同士の同時通話は出来ず操作が複雑で殆ど使用しませんでした。
→→今回の PanasoniVE-GD53DW電話機 ( Fig2 ) は 子機同士通の同時通話が簡単操作で出来るようになりました。

・以前の 電話機 ( Fig1 ) は 大阪在住の息子との通話で子機使用は音質音量が悪いので少しは良い
 コード付きの親機で通話してました。
→→今回の 電話機 ( Fig2 ) は親機もコードレスで、計子機3台共音質音量は 息子が大変良くなったと言ってました。

・以前の 電話機 ( Fig1 ) は受信の音量最大(大)にしても音声小さく困っていました。
→→今回の 電話機 ( Fig2 ) は受信音量は8段階に調整が可能で5~6位でOKになりました。

・以前の 電話機 ( Fig1 ) の子機充電は接触式で充電ランプが点灯せず接触部分を何度も修理しました。
→→今回の 電話機 ( Fig2 ) の子機充電は非接触式となり修理不要の安心となりました。

 以前の電話機とかなり仕様が相違するので、じっくり読み込んで使いたいと思います。

2015年12月30日 (水)

SONY TC-5100 修理完了つづき

以前 SONY TC-5100テープレコーダー(Fig1)を修理しましたが、テープ巻き取りが最後の方でスピード落ちて音声不良になり最終的に、スプリングを交換して正常になりました。

Fig1aFig2a

◆不具合
私のブログ 2014年6月10日 (火)記載 SONY TC-5100 修理完了 で実働させたら巻き取りテープが最後の方でスピードが遅くなり そのうちに停止。

◆原因調査
Fig2でピンチローラーのゴムが滑って空回りしていた。

◆処置1
・松ヤニを塗って滑りを少なくしようとしましたが、ダメ
・ピンチローラーを新規に作って交換を考えていろいろ調べましたが価格が高価になり断念

◆再調査
・再生時の動作状況を調べたら Fig2 のピンチローラーがホイールのスプリングで引っ張られ接触するが
スプリンが弱っているのでホイールの回転がピンチローラーに伝わらない事が判明
・再生時にピンチローラーをホイールに押しつけたら正常に回転

◆処置2
・スプリングをネットで調べこれに近い引張コイルバネ見つけ購入して交換する
・スプリング最終的に交換して正常になった。

◆結果
・預かってる TC-5100 が2台有り 一方のスプリングを引っかける場所が高さが相違あり スプリング交換して正常動作と不具合ありに分かれました。

◆その他の不具合
・早送りとカウンター用ベルトが経年変化で緩くなり要交換。
・ネットで探した 自由に長さに熱溶着で接着出来るベルト入手しましたが、接着する治具を自作するので交換は未定。

 形状が同等スプリングを探すのに時間がかかりそして、スプリング購入2回目でやっと うまくいきました。

2015年12月10日 (木)

ウオータージェットELEPIC修理

数年前に購入したウオータージェットELEPIC (Fig1) の高圧水が出にくいものを修理。

Fig1bFig2a

Fig3a

◆経過
 女房が横浜の会社勤務の時ヨドバシカメラ上大岡店で購入して使用してましたが、しばらくしてから高圧水の出方が悪くなり使用中止してそのままにしてありました。
最近使い始めましたが、高圧水の出方が悪くなり 私の所に修理依頼が来ました。

◆現状調査
 
電源オンで殆ど水がノズルから出ず水圧最大にしても変わらず本体の下から出るだけ。
ウオータージェットは初めての修理で、恐る恐る分解してみました。(Fig2)
いつものように組み立て時に悩むので、分解の流れをデジカメで撮影します。
赤丸線の所ビニールチューブがパイプに挿入部分が、はずれかかっていました。

◆原因
 ビニールチューブがパイプに挿入がはずれかかっているのが原因でした。

◆処置
 ビニールチューブをパイプに充分挿入して結束バンドでしっかり止めました。(Fig3)
夢中で分解しましたので結束バンドのような部品がついていたは定かでは有りませんが、ビニールチューブに余裕がなく 無ければ外れて当然の状態です。

 ◎開けてみたら全てが真っ白でなかなか原因探求が困難でしたが何とか見つけました。

2015年6月30日 (火)

ハイパーブルーポリス 02 の修理

孫のおもちゃハイパーブルーポリス02 (Fig1) の後ろの左側アオリが壊れて改造修理しました。

マウス左クリックで拡大マウス左クリックで拡大

マウス左クリックで拡大マウス左クリックで拡大

◆現状
・孫が訪問したときに、 (Fig1)の左側アオリトラック荷台で名称をネットで調べましたの左側の後部の止めフックが破損して取り付け出来ない状態でした。

◆写真
◇(Fig1)
・左アオリは乗せてあるだけです
◇(Fig2)
・左アオリをはずした状態です。
◇(Fig3)
・①は2.4mmのネジを頭を切ってネジ部分だけにしました。
・②はボールペンを分解して取り出したスプリングを適当に切断しました。
・③スペーサーエボナイトの3mm内径用で1cmのジャンク品を使いました。
◇(Fig4)
・④ネジの突出部分をナットで最良に調整して取り付けた状態です。

◆修理の流れ
・孫が訪問して母親がハイパーブルーポリスの左側アオリが破損は父親が破片を接着して修理する由。
・接着面が少ないので無理と思い改造方法が閃いたので行動に移しました。

◆部品探し
・(Fig3) ①
の ナットが3mmだとはみ出てネジが斜めになり 2.4mmのネジ ナットになりました。
・(Fig3) ②の  ボールペン内部の丁度いい太さと強さのスプリングなかなか見つからず何本もボールペンを分解しらべました。
・(Fig3) ③の スペーサーエボナイトを探すのにもかなり時間を要しました。

◆修理&結果
・(Fig3) ③の スペーサーエボナイトを接着剤で貼り付け固定。
・(Fig3) ①の 2.4mmネジの突起の長さはネジを回して調整。
それでも部品探し等丸1日かかりました。
破損を改造修理完了しても、孫はあまり喜びと興味をしませんでした。
後日、孫と理系の父親が訪問したときに、折れた部分は接着部分が少なく強度的に耐えられないを承知していたので喜こんでお礼を言われました。

 以前孫の ウォークスルーW号車の修理  は少しは喜んだと記憶していますが、今回は内容理解の父親にお礼を言われて うれしいです。

2015年4月30日 (木)

玄関前のタイルはがれ修理

我が家の玄関前の床用タイルが数枚 はがれて修理しました。

マウス左クリックで拡大 マウス左クリックで拡大

マウス左クリックで拡大 マウス左クリックで拡大


■作業工程
□タイルはがれ
 自宅を建て替えてから十数年経ちましたが Fig1 のように玄関前のタイルがはがれました。

□清掃-Fig2
 タイルと取付場所を ほうきと歯ブラシで清掃

□接着剤塗る-Fig3
 タイルと固定面の両方にシリコーンシーライト接着剤(右に見えます)を塗る。

□完成-Fig4
 Fig4 のように 溝を拭き取りそれなりにできました。

■シリコーンシーライトを利用
 以前仕事オールマイティーの弟からセメント剝がれをシリコーンシーライト接着剤で固定する事を聞いていました。
 今回新品を購入して利用しました。

 ブログ立ち上げ前に数回実施してましたが、今回の実施をブログ記載しました。

2015年4月10日 (金)

温度調整蛇口が又壊れて新品に交換

私のブログ 温度調整蛇口が壊れる(>_<) が壊れて部品製造終了で新品後継機 (FIg1) に交換となりました。

■交換後継機 (Fig1)
メーカー  LIXIL
・品名    浄水器内蔵シングルレバー混合水栓 エコハンドル
・型名    RJF-771Y

マウス左クリックで拡大マウス左クリックで拡大

マウス左クリックで拡大マウス左クリックで拡大


■交換品選択
・TOTO 浄水器・整水器より LIXIL 混合水栓 浄水器内臓の方が総合的にヨカッタのでLIXILに決めました。
取付に不具合が無いか、LIXIL お客さま相談センターに問い合わせしました。
回答 「取付穴は問題ないが、フレキのホースの接続が出来るか、下部施工から上部施工に変わりますので、キッチンの厚みが足りているのか等現場によって異なるので業者に確認を依頼されたし」 業者に依頼以外は意味不明でした。(^_^;)

■取付
◇以前の取付
・以前の蛇口アッセンプリを取付けに、Fig3 (形状は相違) の④給水、給湯2本と⑤と⑧の2本計4本止めネジ付きを穴に通して流しの下で仰向けになって大きなナットを締めて固定→それはそれはモー大変な作業でした。

◇新型取付
Fig3 は取付図面で、④を③に接続するのに④(銅のパイプ)が長過ぎて悩みながらが何とか取付ました。
・取り付けてみて「フレキのホースの接続が出来るか・・・」の意味がよく分かりました。

◇改良(取付写真Fig2)
Fig4 はメーカーさんも十分承知していて改良され 取付は Fig4 の1~5までの方法で下に潜らずに上部だけで取り付け非常に簡単になりました。(^^)/(^^)/(^^)/。

◇大きな相違点
以前のモノは蛇口アッセンプリに4本ホース付いたまま穴に挿入して大きなナット締めて固定。
改良型はFig4 の方法で取付け流しの下からネジ締めなし(Fig2) 全て上から出来る。
・Fig2 の取付は数分で終了してトータルでかなりの時間短縮になりました。

 浄水機能は、フィルター通した水を沸かしてお湯を飲んだらハッキリと違いが分かりました。

2015年3月20日 (金)

石油ファンヒーター修理

 石油ファンヒーターが電源onで白煙を出して点火不可。
分解清掃(修理となる)しました。

■仕様
メーカー名     コロナ
型名         FH-HiX468BY
延焼継続時間 16時間(最大延焼時)
購入年月     製造終了で、かなり調べたが不明

■確認
 ・電源onで着火するときに白い煙が出て点火せず。
 ・E0のエラー表示
 ・分解した写真 Fig1~3 (途中経過は省略します)

マウス左クリックで拡大マウス左クリックで拡大

マウス左クリックで拡大マウス左クリックで拡大

■処置
 ・ネットで検索したら分解してヒーターの所にカーボン状の物を除去したら治った。
 ・ダメもとで分解、Fig1のほこりを清掃、Fig2のカーボンかす清掃、Fig3の金網を清掃

■原因
 ・おそるおそる電源onしたら正常動作しました。(^_^;)
 ・結果的に分解清掃して正常動作になった。
 ・2/23修理して今まで正常動作なので、Fig1~3  の清掃が原因と思います。

■やれやれ
 ・新規に購入を決めていたので、気のゆるみがあって組み立て終了してからネジが5本余りました(>_<)。後日調べます。

 分解してファンヒーターの原理が理解出来ました。そして新規購入不要で、よっかった(^^)/

2014年12月30日 (火)

100円ショップのチャッカマン炎調整

チャッカマンが夏と冬で炎調整レバーで使用不能を毎年の分解調整を不要にしました。

マウス左クリックで拡大マウス左クリックで拡大マウス左クリックで拡大マウス左クリックで拡大 マウス左クリックで拡大

 毎日お経巻読誦でローソク点火に100円ショップ入手のチャッカマン(Fig1)使用ていますが、火をレバーAで調整(Fig2)が夏と冬で火の出方が大きく相違して使用不能になり (Fig4)のようにその都度分解してABの歯車位置を調整しています。

■解決方法
Fig2レバーA先端を短く切断してフリー回転にします。
Fig3裏側に約2.5mmの穴をあけます。
・Fig5パイプDを取り付けるプラスチックの突起が破損して反対側に取付ネジEで固定

■調整方法
冬になってFig2レバーA最大で炎が小の時は、その調整穴からクリップ等の細い棒で押してレバーAを回転しで炎を大きくします。
・夏になってFig2レバーA炎が大の時は、Fig3穴Cからクリップ等の細い棒で押してレバーA回転して炎を小さくします。

■苦渋
・毎年Fig4レバーAと調整ベンBをはづして丁度良い所にしますが、組み立てないと炎の大きさが分からず長時間かかり大変でした。

 夏と冬の2回の分解長時間調整から開放されました。(^^)/

2014年11月20日 (木)

ドアノブ修理

我が家の洗面所入り口ドア取手が壊れて部品交換修理しました。

マウス左クリックで拡大マウス左クリックで拡大

・数年前に居間のドアノブのラッチボルト(Fig1)が引っ込んでドアーが閉まらなくなり、ネットで調べ(Fig2)のTXS-51錠(鍵ナシ)を入手交換して修理しました。

・原因はラッチボルト(Fig1)が開閉頻度が一番多い部屋でスプリングが弱くなりレバーハンドルが金属製でかなりの重量で元に戻らなくなりました。

マウス左クリックで拡大マウス左クリックで拡大

・今回は、洗面所のドアのレバーハンドルは動作するがラッチボルトが出なくなりました。
Fig1、2は鍵付きでトイレ交換用に入手してありこれをトイレに交換取付、交換前のもを洗面所ドアに取付ました。

・原因はラッチボルト出ないを分解したらFig3のプラスッチックの円形状部破損して中に残りラッチボルトが出なくなっていました。
・分解方法は、Fig4の矢印の方向にマイナスドライパーでこじると ノブがハズレます。
・取付は、Fig2のように差し込めばバネで抑えられてノブは抜けません。
 

 結局、部品は壊れていませんでしたが、かなり前のことで分解方法を忘れてしまい、次回修理と これから修理する人のためにブログ記載しました